税理士 土田士朗
税理士 土田士朗

 では、先の例で、孫名義の銀行口座が作られており、そこに毎年110万円が振り込まれていたとしたらどうでしょうか。

 昔は、このように贈与を受ける者の口座が存在する場合、贈与をする側が通帳を管理していることが少なくありませんでした。贈与した金銭がムダに使われてしまったり、あるいは「孫がお金があることを知ると働かなくなるかもしれない・・・」などと懸念したためです。

 しかし、近時は、贈与を受けた側が自信で通帳を管理していないと、税務当局からは贈与とは認められない傾向が強まっています(未成年者の場合であれば、その親が管理することになるでしょう)。

 つまり、例に即して言えば、贈与を受ける孫が、自分自身で通帳を管理していなければ贈与としては認められません。

 したがって、相続税対策のために、金銭を贈与する場合には、贈与を受ける者の口座に振り込み、なおかつ、その通帳を受贈者本人に管理させることを忘れないようにしてください。

次のページ : 婚姻20年以上連れ添った夫婦だからこそできる「配偶者控除」
前のページ : 贈与は「あげた」「もらった」という事実が必要となる
地主のための相続対策 もくじ
土田会計事務所の資産防衛サポート