税理士 土田士朗
税理士 土田士朗
 養子縁組の手続きそのものは非常に簡単です。基本的には、養親となる者と養子となる者が合意をして市町村役場で戸籍の届け出をすればよいだけです。

 ただし、15歳未満の者を養子とする場合には、養親となる者の合意ではなく、その法定代理人が、その者に代わって縁組の承諾をすることが必要となります。

 法定代理人は、通常は親権者、つまり親のはずです。したがって、15歳未満の孫を養子にする場合には、その親の承諾が必要となります。

 また、養親となる者に配偶者がいる場合には、その同意も必要となります。

 養子縁組届は、養親もしくは養子の本籍地または届出人の住所地、所在地のいずれかの市区町村役場に提出します。

 なお、養子縁組には特別養子縁組という特別のタイプがあります。この特別養子縁組を行う場合には、より煩雑な手続きが必要となりますが、これは純粋に子どもの福祉を図った制度であり、相続対策として利用することはないでしょう。

次のページ : 柔軟な対応ができる「家族信託」
前のページ : 養子が実子ともめるリスクには要注意
地主のための相続対策 もくじ
土田会計事務所の資産防衛サポート