税理士 土田士朗
税理士 土田士朗
 亡くなった方の葬儀に際して、その費用を負担した相続人は、その葬儀費用を相続などにより取得した財産の価額から控除して相続税の課税価格を計算することとなっています。
 実際にどのようなものが該当するのかみてみましょう。

(1)葬儀に際して、埋葬、火葬、納骨または遺骸もしくは遺骨の回送にかかった費用
(2)会葬御礼の金品等で、亡くなった方の職業、財産その他の事情に照らして相当程度と認められるものに要した費用
(3)お通夜にかかった費用(飲食代を含む)
(4)喪主の負担した生花(供花)など
(5)お寺への戒名料や読経料などのお布施
(6)お手伝いをしていただいた方へのお礼の品や寸志
(7)マイクロバスの運転手さん、火葬場のご担当者さん等にお渡しした寸志
 
(1)~(4)については、葬儀屋さんからの請求書、領収書に記載がありますので
きちんと保管しておきましょう。
(5)ついては、お寺から領収書をいただけないこともありますので、(6)や(7)の
お礼(品物は領収書等)や寸志と同じように、ご自身でメモを残しておいて下さい。

 また、葬儀費用に含まれないものは以下のとおりです。

(1)香典返しのためにかかった費用
(2)墓石の購入費用や永代使用料
(3)位牌や仏壇・仏具代
(4)法要にかかった費用

 近年では、初七日法要を略式にして、告別式と一緒にされるケースも多いようです。
この場合は、告別式と初七日法要を明確に区別することはできませんので、実務上は、
葬儀費用に含めています。