税理士 土田士朗
税理士 土田士朗
 経営者にとって、金融機関とどのように付き合うかは最重要事項のひとつでしょう。たまに「金融機関とはお互い騙し合いの関係だ」などとうそぶく経営者がいらっしゃいますが、金融機関は会社の敵ではなく重要なパートナーです。

金融機関と上手く付き合うためには、下記のことが重要です。

1.嘘をつかない

 嘘を付いたり、虚勢を張ってみたりしても、いつかボロが出てしまいます。嘘を付かず真摯にお付き合いしましょう。

2.経営者が会社の状況をキチンと説明できるようにする

 経営者の中には、資金繰りや経理は担当者や税理士に任せきりで自社の財務状況の説明ができない方も多いのではないでしょうか。自分の会社の財務状況については、きちんと自分で説明できるようにしましょう。

3.ひとつの金融機関だけに集中させず、バランス良く複数と付き合う

 創業以来ずっとお世話になっている関係で、ひとつの金融機関としか付き合っていない経営者も多いのではないでしょうか。金融機関はバランス良く複数と付き合うことが大切です。これは「浮気」ではなく、金融機関も望んでいる事でもあります。なぜなら、金融機関も他行がその会社をどのように評価しているのかを知りたいですし、リスクヘッジにもなるのです。また、会社の成長に合わせて、日本政策金融公庫、信用金庫・信用組合・JA等、地方銀行、メガバンクと身の丈を合わせバランス良くお付き合いすることも重要です。

4.メインバンクを持つ

 お金を預けているところがメインバンクではありません。給与振込や公共料金の支払い、そして何より借入をしている金融機関がメインバンクです。

 金融機関は経営者の報告を待っています。毎月とは言わないまでも数ヶ月に1度は金融機関に会社の月次決算書を持って説明に出かけましょう。

関連記事

中小企業庁の新会計ルール「中小会計要領」
月次決算を「発生主義」で行うメリット
書面添付制度とは
事務所概要
お問い合わせ